ハンドボールの反則

ハンドボールでの反則

・オーバーステップ  ボールを持ち始めてから、ドリブルをせず、4歩以上動いてしまうとオーバーステップになります。

・オーバータイム  ボールを4秒以上もってしまうと、オーバータイムをとられます。

・ダブルドリブル いったんドリブルしたボールを、自分の手にとどめてから、もう一度ドリブルしてしまうと、ダブルドリブルとなります。これは、バスケのように手で覆うようにドリブルしてしまうと、ダブルドリブルを取られることがありますので、注意してください。

・キックボール  ボールがひざより下の部分に当たったり、触れたりしてしまうとキックボールです。

・ジャックル  空中にボールを出して、その直後にコントロールして、再びボールをとると、ジャックルとなります。



相手に対しての反則


・ ホールディング  手を使って、相手を捕まえて動けなくすると、ホールディングとなります。しかし、ホールディングをしないと、攻撃側にシュートを許してしまうので、防御側は大抵ホールディングで相手の攻撃を封じます。

・プッシング  相手を押したり、突いたりするとプッシングをとられます。

・チャージング  これは、攻撃側にとられる反則で、相手に強くぶつかると、この反則になります。

・トリッピング  足を出して、相手をつまづかせたり、転ばせたりするとトリッピングです。

・ハッキング  相手をたたくとハッキングです。


その他にも、相手の持っているボールを力ずくで無理やり奪いとったり、ボールを叩き落したりすると、反則をとられます。

その他 ラインクロス ボールを持ったまま、ゴールエリアラインを踏む、踏み越すとラインクロスとなります。

・ファウルスロー 上に紹介した競技の再開するときのスローを規則に反して投げるとこの反則になります。

・パッジブプレイ 攻撃の意志をみせず、故意にパス等をして競技を遅らせたりすると、パッシブプレイをとられます。


ハンドボールのルール。
ハンドボールの反則。
posted by ルールブック at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。