ハンドボールのポジション

ハンドボールのポジション

・キーパー  相手のシュートをゴールに入れさせないために、体を使ってボールをとめるのがキーパーの仕事です。
もちろん、体を張ってボールを止めるため、瞬発力と判断力が必要とされます。また、速攻の起点ともなることが多く、遠投力も必要です。


・ポスト  ポストは、ゴールを背中にして、相手のディフェンスライン上で他ポジションの攻撃のサポートをしたり、時にディフェンスの壁を破って、自らもシュートを打ちます。


・左サイド   左サイドは相手のディフェンスに警戒させ、45°等の攻撃をサポートしたり、サイドシュートからの得点を狙います。
また、サイドは速攻の攻撃の要ですから、素早い判断力と、敏捷性が要求されます。試合内容にもよりますが、一番試合の中で走る距離が多いのもサイドのポジションだと思います。

・左45°  左45°は攻撃の要であり、シュートも試合の中で多く撃つことになります。
特にコンビネーションプレーによる基本は45°なので、しっかりとしたパス回しが出来なければならないし、ロングシュートも撃ちやすいため、速いシュートが必要です。
左45°がチーム内のエースとなることが多いため、一番目立つポジションでもあります。


・センター  センターは、チーム全体の指揮をとる人で、45°のポジションとともに、攻撃の起点を作っていきます。
主に、45°のサポートに回ることが多いですが、隙あらば、積極的にシュートを撃っていきます。
チームプレーヤーへの指示をしたり、チームをまとめていく役割なので、チーム内で人望の厚い人で、ゲーム全体を把握し、即座に判断することの出来る人がベストです。


・右45°  右45°は左45°とほぼ同じですが、左利きに非常に有利なポジションで、このポジションに左利きの人が入ると、チーム内の得点源を二人にふやす事が出来たり、コンビネーションプレーに安定感が増したりと、チームのバランスがとてもよくなります。 ・主に左45°と同じ。

・右サイド   ほぼ左サイドと役割は同じですが、右サイドの場合、サイドシュートを右耳の後ろを通すように投げなければならず、左サイドよりも、少し難しいポジションともいえます。

ハンドボールのルール。
ハンドボールのポジション
posted by ルールブック at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。