ハンドボールの主なルール

ハンドボールのルール

ハンドボールの主なルール

1.コートについて  

・コートの大きさ 40m×20m
・ゴールの大きさ 高さ2m×幅3m
・ゴールエリアライン ゴール前方6m
・7mライン ゴールラインから7mの距離で長さ1m
・交代ライン センターラインから長さ4.5m


2.競技時間

・正規の時間 高校生以上は、前半30分、後半30分。
 中学生は、前半25分、後半25分。
 休憩時間は、10分。
・延長 正規の時間で勝敗が決まらない場合は、
 5分の休憩ののち10分間


3.チーム

・ゲーム人数 1チーム7名(CP6名、GK1名)
 ※CP:コートプレーヤー、GK:ゴールキーパー
・選手の交替 交替エリアから自由
・ユニフォーム CPとGKが異なる対照的な色


4.ボールの扱い方

・身体の使用部分 膝から上
・ボールの保有時間 3秒まで
・ステップの範囲 3歩まで。ジャンプしてキャッチし、
 着地した足は0歩。
・キック  ボールに足で触れることは反則。


5.スロー

・スローオフの仕方 試合開始、失点後はセンターライン中央から
 レフェリーの合図後3秒以内に行う。
 相手選手は3m以上離れなければならない


6.反則

・7mスロー 明らかな得点機会を阻止された時、
 守備側選手が攻撃を止めようとゴールエリアに
 入った時などに与えられる。
・フリースロー 7mスロー以外の違反に対して与えられる。
・オーバータイム 3秒より長くボールを保持する。
・オーバーステップ ボールを持って4歩以上歩く。
・ダブルドリブル ドリブルしたボールを一度持って、
 再度ドリブルする。
・プッシング 相手を押す、突き飛ばす。
・キック   キーパー以外が足でボールを扱う。
・パッシブプレー 攻撃しよう、あるいはシュートしようという
 意図を示さないで、チームがボールを所持しようとする。


7.罰則 
  
・退場 反則や危険行為が繰り返されたときは
 2分間の退場となる、交代出場は出来ない。


8.レフェリー

・警告 反則や反スポーツマンシップ行為には
 イエローカードが提示される。
・失格 重大な反則、反スポーツマンシップ行為、
 同一選手が3回退場を受けた時提示される。
・権限  同等の権限を持った2名によりジャッジする。
 罰則など 異なった判定になった時は重いほうの罰則を適用する。

ハンドボールのルール

ハンドボールの主なルール





posted by ルールブック at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハンドボールのポジション

ハンドボールのポジション

・キーパー  相手のシュートをゴールに入れさせないために、体を使ってボールをとめるのがキーパーの仕事です。
もちろん、体を張ってボールを止めるため、瞬発力と判断力が必要とされます。また、速攻の起点ともなることが多く、遠投力も必要です。


・ポスト  ポストは、ゴールを背中にして、相手のディフェンスライン上で他ポジションの攻撃のサポートをしたり、時にディフェンスの壁を破って、自らもシュートを打ちます。


・左サイド   左サイドは相手のディフェンスに警戒させ、45°等の攻撃をサポートしたり、サイドシュートからの得点を狙います。
また、サイドは速攻の攻撃の要ですから、素早い判断力と、敏捷性が要求されます。試合内容にもよりますが、一番試合の中で走る距離が多いのもサイドのポジションだと思います。

・左45°  左45°は攻撃の要であり、シュートも試合の中で多く撃つことになります。
特にコンビネーションプレーによる基本は45°なので、しっかりとしたパス回しが出来なければならないし、ロングシュートも撃ちやすいため、速いシュートが必要です。
左45°がチーム内のエースとなることが多いため、一番目立つポジションでもあります。


・センター  センターは、チーム全体の指揮をとる人で、45°のポジションとともに、攻撃の起点を作っていきます。
主に、45°のサポートに回ることが多いですが、隙あらば、積極的にシュートを撃っていきます。
チームプレーヤーへの指示をしたり、チームをまとめていく役割なので、チーム内で人望の厚い人で、ゲーム全体を把握し、即座に判断することの出来る人がベストです。


・右45°  右45°は左45°とほぼ同じですが、左利きに非常に有利なポジションで、このポジションに左利きの人が入ると、チーム内の得点源を二人にふやす事が出来たり、コンビネーションプレーに安定感が増したりと、チームのバランスがとてもよくなります。 ・主に左45°と同じ。

・右サイド   ほぼ左サイドと役割は同じですが、右サイドの場合、サイドシュートを右耳の後ろを通すように投げなければならず、左サイドよりも、少し難しいポジションともいえます。

ハンドボールのルール。
ハンドボールのポジション
posted by ルールブック at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハンドボールの反則

ハンドボールでの反則

・オーバーステップ  ボールを持ち始めてから、ドリブルをせず、4歩以上動いてしまうとオーバーステップになります。

・オーバータイム  ボールを4秒以上もってしまうと、オーバータイムをとられます。

・ダブルドリブル いったんドリブルしたボールを、自分の手にとどめてから、もう一度ドリブルしてしまうと、ダブルドリブルとなります。これは、バスケのように手で覆うようにドリブルしてしまうと、ダブルドリブルを取られることがありますので、注意してください。

・キックボール  ボールがひざより下の部分に当たったり、触れたりしてしまうとキックボールです。

・ジャックル  空中にボールを出して、その直後にコントロールして、再びボールをとると、ジャックルとなります。



相手に対しての反則


・ ホールディング  手を使って、相手を捕まえて動けなくすると、ホールディングとなります。しかし、ホールディングをしないと、攻撃側にシュートを許してしまうので、防御側は大抵ホールディングで相手の攻撃を封じます。

・プッシング  相手を押したり、突いたりするとプッシングをとられます。

・チャージング  これは、攻撃側にとられる反則で、相手に強くぶつかると、この反則になります。

・トリッピング  足を出して、相手をつまづかせたり、転ばせたりするとトリッピングです。

・ハッキング  相手をたたくとハッキングです。


その他にも、相手の持っているボールを力ずくで無理やり奪いとったり、ボールを叩き落したりすると、反則をとられます。

その他 ラインクロス ボールを持ったまま、ゴールエリアラインを踏む、踏み越すとラインクロスとなります。

・ファウルスロー 上に紹介した競技の再開するときのスローを規則に反して投げるとこの反則になります。

・パッジブプレイ 攻撃の意志をみせず、故意にパス等をして競技を遅らせたりすると、パッシブプレイをとられます。


ハンドボールのルール。
ハンドボールの反則。
posted by ルールブック at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハンドボールのイエローカード・レッドカード

ハンドボールのイエローカード・レッドカード

故意の反則や悪質な反則をした時、その反則を犯したプレイヤーはイエローカードを出されます。

これは、「警告」の意で、これだけでは、特に何もなく試合を続けることが出来ますが、これが試合中に二回やってしまうと、そのプレーヤーは「退場」となり、その後の二分間、コートでプレーをすることが出来なくなってしまいます。

その後は、戻ってプレーを再開することが出来ますが、その間、コート内は6人でプレーしなければならないため、とても大変です。

しかし、3回「退場」をもらってしまうと、今度はレッドカード、つまり「失格」となり、そのプレーヤーはその試合に出ることが出来なくなります。

この時も、コート内は6人でプレーすることになりますが、二分後、コート内に入れるのは、ベンチの交代プレイヤーとなってしまいます。

更にひどい時、例えば、人を殴ったりしてしまったときは、「追放」となり、その試合はそれ以降、ずっと6人でプレーすることになります。

また、かなり悪質であるプレーが見られた場合や暴力等の行為が見られた場合は審判の判断でいきなり「退場」や「失格」となることもあります。

ハンドボールのルール
ハンドボールのイエローカード・レッドカード
posted by ルールブック at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

パワーパンツ・パッシブプレーに関して

ハンドボールのルール

パワーパンツに関して

従来、アンダーパンツについては短パンツと同色でなければならないとされてきた。しかし、競技規則にはその記載がないことからこの表現を削除する。しかし、競技規則4の7に、「コートプレーヤーは、全員同じユニホームを着用しなければならない。」とされているので、パワーパンツは同色、もしくは、色が異なる場合は短パンツの外に出ないことと改正する。
 従来は、パワーパンツが色違いの場合は着用そのものを認めてこなかった、あるいは、見える場合は履き替えることを指導してきたが、今後は短パンツの中に納めることとする、にとどめることとする。




パッシブプレーに関して

 1度の攻撃(これはボールを所持したときから始まる)において、1回しか予告合図を出してはならない。
 シュート(7mスローや直接ゴールを狙ったフリースローも含める)をして攻撃が終わったが、ボールはゴールキーパーやゴールポスト・クロスバーに当たって跳ね返り、そしてこれまで攻撃していたチームがそのボールを再び所持した場合、組み立て局面から新たな攻撃が始まる。
 予告合図が出されている状況で、防御側のプレーヤーやチーム役員が競技規則違反やスポーツマンシップに反する行為をし、競技規則第16条により段階罰を適用された場合も、同様に新たな攻撃が始まることになる。

ハンドボールのルール
パワーパンツ・パッシブプレーに関して
posted by ルールブック at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。